ドイツデザイン事典

ここでは現代ドイツのデザインに関する重要な項目を解説していきます。内容は随時追加。


持続可能性(Nachhaltigkeit、ナハハルティヒカイト)の定義

現在のドイツのデザインを語る上で欠かせないのが、持続可能性(sustainability/サステナビリティ)というキーワードです。持続可能性は、分野を問わず現代デザインにおける最重要テーマの一つと言えるでしょう。

通説では、持続可能性という概念の起源は17世紀にまで遡ると言われています。フライブルクの役人であったHans Carl von Carlowitz(ハンス・カール・フォン・カーロヴィッツ)は、森林の伐採は一定の期間にその森林が自然に再生できる範囲で行われなければならないと提唱しました。これが持続可能性の『ありのままのシステムそのものが長期に渡って持続的に保持されること』という大原則を定め、その後の様々な理論や政策の下地となりました。

持続可能性の実現は政治、経済、そして環境・生態学分野では一つの理想とされてきましたが、その定義についてはそれぞれの分野で検討が重ねられてきました。現在、持続可能性の説明として最もよく用いられるのが、1987年、ブルントラント委員会(Brundtland Commission、またはWord Commission on Environment and Development=環境と開発に関する世界委員会)が公開したレポート、”Our Common Future”(所謂ブルントラント・レポート)から引用される一文、

Humanity has the ability to make development sustainable to ensure that it meets the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs. 

人類は、未来の世代がニーズを満たす能力を損なうことなく、現在の世代のニーズを満たすような発展を実現する能力を持っている

です。ここでは、持続可能性は現在および未来の世代の両方のための一種の発展として描写されています。

経済学における持続可能性とは、

生み出した利益を環境的・社会的な取り組みに再投資するのではなく、最初から環境的・社会的な負担のないように利益を生み出す

ことを意味します。また、持続可能な発展とは、他者からの投資や経済的な援助によってではなく、自らが生み出す利益によって自立的に達成されなければならないとしています。

環境学における持続可能性については、世界銀行で環境部門の経済学者だったHerman Dalyによって中心となる要素が説明されました。Dalyは以下のように要点をまとめています。

・再生可能な資源の分解(利用)速度は資源の回復速度を上回ってはならない
・排気速度は同化速度を上回ってはならない
・再生可能でない資源の利用は、それと同程度の再生可能な資源の利用によって補填されなければならない

ここでは、資源の保護の是非だけではなく、人類と自然界双方の現実的な許容量に同時に着目しています。また、経済学における定義と違い、まず自然環境に主題を置いた定義であることも分かります。

このように、持続可能性とは様々な観点から解釈・説明され得る包括的な概念なのです。まとめるならば、持続可能性とは現代そして未来の世代がそれまでと同じか、より良い生活を手にいれるために必要最低限のものが慎重に消費され、また保護されるための環境的、社会的または経済的な取り組みと理解することが出来ます。しかしその取り組みが具体的にそれがどのような内容であるかは、個々のケースを見て判断されなければなりません。
 

参考
https://www.nachhaltigkeit.info/artikel/definitionen_1382.htm


重要な機関

Rat für Formgebung(ラート・フュア・フォルムゲーブング、またはGerman Design Council)
ドイツのデザイン界の一つの柱となっているのが、Rat für Formegebung(以下RfF)の存在です。RfFの設立のきっかけは、1949年のニューヨークの輸出商品のトレードフェアでした。戦後ドイツの復興ぶりをアピールする最大のチャンスでしたが、ドイツが展示した品々は凄まじいほどの批判に晒されたのです。ドイツ連邦議会は翌年、ドイツ製品の質を高め、ドイツ工業の国際的競争力を磨くべく、Rat für Formentwicklung(ラート・フュア・フォルムエントヴィックルング)という独立した機関の設立を決定します。これが元になって1953年、『デザインを経済的また文化的ファクターとしてドイツ経済に組み込むことで、ドイツ経済に貢献する』という使命の元、財団法人Rat für Formgebungは発足しました。
以後RfFは60年以上に渡り、展示会、デザイン賞の主催、カンファレンス、関連書籍の出版または直接のアドバイスなどの活動を行っています。現在でこそドイツ製品はその先進性と品質で世界的な名声を獲得していますが、それはデザインを国家的プロジェクトと捉え支援してきた戦後ドイツの戦略があってのことなのです。
http://www.german-design-council.de/

ドイツの主なデザインアワード

German Design Award
ドイツのデザインアワードの中で最も注目が集まるのが、RfFが毎年主催するこのGerman Design Awardです。プロダクトデザインとコミュニケーションデザインの二つの部門から、今後のデザインにとって指針となるであろうプロダクトまたはプロジェクトが選定されます。GDAは世界で最も名誉あるデザインアワードの一つに数えられ、その受賞者はその後の国際的な成功が約束されるでしょう。
http://www.german-design-award.com/

 

iF Design Award
iF Design AwardはiF International Forum Design(iF)が主催するデザインアワードで、毎年70カ国から5000を超える応募があります。iFの前身はRfFと同じく、ドイツ製品が低迷期にあった世界大戦後の1953年に発足しました。『良いデザイン』の基準を定め、その開発を援助し、作る側そして使う側にその重要性を広め、社会に良い影響を与えていくことを目標に、RfFと並びドイツのデザインにおいて重要な役割を果たしています。iF Desgin Awardはプロフェッショナルと学生の二つの部門に分かれており、2015年には70カ国、5000件を超える応募がありました。
http://ifworlddesignguide.com/

 

Design Plus powered by Light+Building
Design PlusはRfFがドイツ商工会議所と共に主催しているプロダクトデザインのためのデザインアワードで、デザイン、エコロジー、イノベーションの三つを主題としています。特に照明と建築の分野ではドイツで最も有名なデザインアワードの一つです。
http://www.german-design-council.de/designpreise/designplus/light-building-2016.html

 

ICONIC AWARDS: Interior Innovation(2015年までInterior Innovation Award)
RfFが主催していたInterior Innovation Awardは、2016年よりICONIC AWARD: Interior Innovationとして生まれ変わりました。ICONICはもともと建築分野で権威のある国際的アワードで、建築、コンセプト、広告戦略などを対象にしたものでしたが、そこにプロダクトデザインのアワードを関連付けることで、『建築物』と『インテリア』という、住環境を取り巻く全てのデザインを包括的に評価することができます。
http://www.iconic-architecture.com/

 

Red Dot Design Award
Red Dot Design Awardは世界最古のデザイン研究所の一つであるDesign Zentrum Nordrhein-Westfalen(デザインツェントルム・ノルトライン=ヴェストファーレン)が主催する国際デザインアワードで、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3つのカテゴリーがあります。国際的にも注目度が高く、2015年には70カ国から17000件もの応募がありました。
http://de.red-dot.org/

 

Designpreis der Bundesrepublik Deutschland(デザインプライス・デア・ブンデスレプブリーク・ドイチュランド、DBD)
DBDは1969年に設立された、ドイツ国家が公式に授与するものとしては最高峰となるデザインアワードです。経済エネルギー省が主催し、応募資格としてそのデザインプロダクトまたはプロジェクトは国内外で何らかの賞を受賞している必要があるなど条件は厳しく、『賞の中の賞』と呼ばれています。
http://www.bmwi.de/DE/Service/wettbewerbe,did=594260.html