ZOZOVILLE

johan
mateo
zozo_7
zozo_5
zozo_4
Logo/Zozoville


Zozoville(ゾゾヴィル)は、ベルリンの賑やかなフリードリヒスハイン地域の中心にあるギャラリーで、ベルリンを拠点とする2人のアーティスト、Mateo Dineen(マテオ・デニーン)とJohan Potma(ヨハン・ポトマ)が共同経営しています。

すべての始まりは、2004年、ポトマがベルリンで開催されていたデニーンの展覧会を訪れた時でした。
二人は出会ってすぐに親しくなりました。この時デニーンはベルリンに来たばかりでしたが、ポトマは2年前から既にベルリンに移住していました。フリードリヒスハインの蚤の市で自分の作品を売っていたデニーンは、お互いの画風が似ていることに気付き、一緒に作品を売ることをポトマに持ちかけました。
こうして、二人はチームを結成することになり、ゾゾヴィルのマジカルワールドは、このファンタジーに溢れた親友同士が楽しい時を過ごすところで生まれたのです。このアーティスト達の素晴らしい才能により、私たちがファンタジーワールドに足を踏み入れることができるのです。
とてもキュートで、ユニークなモンスターのポスターは、多くのファンを魅了し、世界中の展示会に出展されています。2人の作品と作図スタイルは、常にベルリンの街や人々から影響を受け、原画には古い材料を利用し、コラージュを手法として描いています。

Johan Potma(ヨハン・ポトマ)
オランダ出身の画家、イラストレーター。
オランダのグローニンゲンにあるミネルヴァ アート アカデミーでイラストレーションを学びました。
ポトマは ゾゾヴィルのマジカルワールドの創作家であると同時に、プレイボーイ、ニコロデオン、ペプシ、XXS、シックスフィート、タイタス スケートボード、ニベアなどの企業の仕事もしています。彼の作品はThe Upset、Freistil、Communication Artsに掲載され、またLuerzerの世界ベストイラストレーター 200にも選ばれました。

Mateo Dineen(マテオ・デニーン)
カリフォルニア出身。
サンフランシスコのアカデミー オブアートカレッジにてイラストレーションを学びました。作品は、街の中心にあるフリードリヒスハインで展示し、フリーマーケットで販売しています。
2004年までは、シリコンバレーのソフトウェア会社でイラストレーターのリーダーとして働き、また、メンローパーク、ヒルズバラ、ビバリーヒルズで裕福な家の塗装をしていました。 その間も、空想の世界は描き続けていました。そして、ヨーロッパで5ヶ月間旅行をした後、ベルリンに移住することを決断したのです。

おすすめ順 / 価格順 / 新着順

175商品中 1-32商品